確実に英語ペラペラになる実にシンプルな方法

「どうしても英語ペラペラになりたい!でもどうしたらいいか分からない...」

そんな風にお悩みかと思います。

まあこれだけ巷で色々な英語学習法が散乱していたら何をやっていいか分からなくて混乱しますよね。

英語ペラペラ道場は、効果的な学習法を伝えることであなたに英語ペラペラになってもらうことを目的としているサイトです。

もちろん英語ペラペラになるには努力が必要です。でも努力する覚悟があっても間違ったことをしていては上達しません。

まずは正しい知識を身に付け、英語ペラペラを目指していきましょう!

英語ペラペラになるための3ステップとは

英語ペラペラになるためには、以下の3ステップが効果的です。

ステップ1. とにかく発音を鍛えよう!

ステップ2. 基本文法を理解しよう!

ステップ3. シャドーイングでネイティブレベルへ!

この3ステップについて詳しく解説していきます。

ステップ1. とにかく発音を鍛えよう!

 

英語ペラペラになりたいなら発音を鍛えるのはマストです。

そもそも英語ペラペラになりたいのであれば、カッコイイ発音で話したいという欲求もあると思います。

もしそうであれば好都合。

英語学習は単語でも文法でもなく発音から始める。これが皆がやっていないこと

私も、英語が全然話せない超初心者の段階から発音学習を開始しました。

何故なら英語ペラペラへの鍵は発音の上達が握っているからです。

 

ステップ2. 基本文法をマスターしよう!

 

発音がある程度良くなったら次にやるのは英文法の基礎のマスターです。

基本的な文章のパターンだけでいいので、スラスラと出てくるようにします。

発音さえ良くなっていれば、正直ちょっとした英語を話しただけでも既に周りからは英語ペラペラに見られます

でも流暢に英語を話すためには、よく使われる文章パターンに関してはパッと一呼吸で言えるようにしておく必要があります。

実際には、これらの文章パターンを使って発音練習を継続することになります。

(なのでステップ2も発音練習と言えます。)

 

ステップ3. シャドーイングでネイティブレベルへ!

 

既にこの時点で日本人の眼からは、あなたは英語ペラペラに見られているはずです。

でもそれで満足できない真の英語ペラペラを目指す場合にはシャドーイングを行います。

シャドーイングというのは通訳になる人たちが取り入れている本当に効果の出る勉強法。いえ、練習法です。

ネイティブの英語音声を聞いてそれを完コピする勢いで真似していくというもので、英語ペラペラになった人の多くがやっていることです。

ちなみに、わたしも相当な量を行いました。

通常シャドーイングは難しすぎて出来ません。発音が付いていけないからです。

しかし、これまで発音を軸に学習をしてきたおかげであなたはシャドーイングができるようになっているはずです。

この3ステップについて詳しくはこちらを参照

英語ペラペラになるには?英語ペラペラになった3ステップを公開

正しく学べば絶対あなたも英語ペラペラになれる!

 

英語学習の最初から最後まで全体を通して発音を意識することで、英語ペラペラになれる確率が格段に高まります。

そもそも発音が上手というのは英語ペラペラな人の条件だったりしますよね。でもイメージの問題だけではなく、発音を中心に学習を進めることで実際に英語ペラペラへの近道になるんです。

英会話は結局口から英語を発することで行われますから、発音=英会話と言っても過言ではないくらいです。

そして発音を鍛えたからこそ、シャドーイングという練習法を学習スタイルに組み込むことができるようになります。

あなたは英語ペラペラになることに本気だったら、発音矯正は避けて通れません

どうせならネイティブのような思いっきりカッコいい発音になって周りをあっと言わせるぐらいになってみるといいでしょう。

【外国人に間違われる?!】発音矯正のおすすめ教材

スコット先生の発音大学DVD3枚組みと7シークレットのテキストのセット

スコット先生の発音大学の詳細を見る

 

スコットペリーの発音大学が含む秘訣7つ

秘訣その1 英語を正しく話すための4つの口の形
秘訣その2 英語を話すときの正しい呼吸の使い方
秘訣その3 単語をストレッチさせて英語を話す
秘訣その4 音をブレンドさせる
秘訣その5 唇を上げて英語を話すことで周波数を高める
秘訣その6 ネーザルサウンドを使う
秘訣その7 英語をナチュラルスピードで話す

 

この発音教材は、発音矯正の世界的権威であるスコットペリー氏によって作られました。

スコットペリー氏は25年に渡って日本人独特のカタカナ英語や訛りを研究してきたという第1人者!

彼はハリウッドで演じる日本人の指導もしており日本人の発音矯正に対する実績が高く、このメソッドのおかげで日本人離れした英語を話す日本人が続出しています。

 

特筆すべきは教材の内容。

  • 単に口の形や舌の位置を指導する発音教材とは違う
  • 日本語と異なる英語の息遣い(呼吸法)
  • ネーザルサウンドと呼ばれる鼻の中で音を響かせる
  • 音のストレッチやブレンドというネイティブ特有の音の作り方

 

発音の基礎作りからネイティブ発音の習得までこれ1つで足ります

発音教材を選ぶのに時間を使うよりも、この教材で発音練習に集中したほうが有意義な時間の使い方となるでしょう。

 

発音はただカッコいいだけじゃなく英語ペラペラになるための必須要素。

さあここから英語ペラペラへの第一歩を歩み始めましょう。

 

※海外発送にも対応しているので海外在住の方も購入できます。

スコット先生の発音大学  公式サイトへ